投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

ミュージックマスター2

イメージ
おはようございます、こんにちは、こんばんは。
○先日ニコニコミュージックマスター2に出演してきました!
素晴らしい時間をいただき本当にありがとうございました!本番の様子は文章にするとなかなか伝わらないのでタイムシフトをご覧ください(・∀・)

ニコニコミュージックマスター2! http://live.nicovideo.jp/watch/lv137171485

いろいろ勉強になりましたね。幾つか上げると
・まずライブが初めてだったこと。 コンサートホールでの演奏はいつもの事なんですが、ライブハウス?での演奏は初めてで楽器にマイクつけたり舞台上で動きまわったりするのは初めての事だらけでした。おかげですべてが新鮮で、思うようにいかなかったことや今までの経験が活かせたことがあり学ぶことが多かったです。

・バンド、歌い手との共演が初めてだった。 オーケストラや室内楽での演奏機会は多いものの(あとドラム、ベースか)バンドの人や歌い手さんと一緒に演奏する機会はなかったのでこれも勉強になりました。まぁPAなのであまり気にする必要はないとは思いますが、バランスの取り方だったりテンポ感覚の違い等が今までとは違うなと。

・あと基準ピッチ!!!まさかのA=441で今回は演奏でした!!!バンド系では普通だそうですが普段クラシックやっている自分には衝撃でした!!リハの時に「あれ?合わないなぁ。。。」って思ったのはそれが原因。当日は雰囲気の関係もあってあまり気に出来なかったwww

・今回一番の勉強になったこと、反省点。
【楽器(吹き方)によるマイク乗りの違い】
タイムシフトを観てもらえれば一発でわかるんですが、アンコール曲【ODDS&ENDS】にてトロンボーンソロがありました。その箇所を二人で分けるのですが(前半は共演させていただいたAKI-Cさん)後半で僕のソロです。
僕のソロ、マジで聴こえないんですよwww
音域の関係もあるかもしれないんですが、音の作り方・楽器の違いが大きく反映されたのではないかと思ってます。僕はいつものコーン88Hで、AKI-CさんはKING3Bでした。
両者ともにトロンボーンであることには変わりないんですが、適している音楽・場所があるんだと感じました。コーンはコンサートホールで客席の奥まで音を響かせる楽器です、オケでPAは無く完全生音ですから。キングはスタジオミュージシ…